田舎暮らしってやつの現実解

今朝のNHKニュースで、地元志向の高まりで、都道府県庁の内定辞退者が増えているとか。
北海道庁の場合は、札幌から赴任地が離れてるということで、札幌市役所に内定者が流れているとのこと。
<https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171213/k10011256441000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001>
それって、単純に「札幌に、ヒト、モノ、カネ全部が集まってるだけじゃん」とか思ったりしたんですけどね。
TVで田舎暮らしって素晴らしいとか何とか、いろいろ宣伝されていますけど
蓋を開ければ、僻地での暮らしは無理って宣言されてるようなものですよね。。
(札幌以外の場所では、給与・生活が保障された公務員であっても、生活するのが難しいと言ってるようなもの)
そもそも、地元志向が強いならば、北海道庁を受けるのは、北海道民なわけで
北海道民ですら、札幌から離れたところには住みたくないって言ってるってことになるんですよね
そう考えたら、地元志向なんて最初から存在していなくて、そこそこ都会で、便利なところで公務員になりたい志向
って言った方が良いんじゃないかな???
自分は、、、便利な首都圏暮らしにすっかり慣らされてしまったので、北海道には戻れないなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/12/13(水) 14:59:06|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<<Twitterを続けていて思ったこと | ホーム | 最近の悩み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gurutamin.blog58.fc2.com/tb.php/869-a8ecf4b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)