雑な世の中を単純化するから、納得できない

下の記事を並べて読むと、
何が平和で戦争反対で、何が軍国主義で、、、ってのが良く分からなくなってくる。

オバマ政権最後の今年、中国は尖閣に攻撃を仕掛ける http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45937 @JBpressさんから

日本が軍国主義に向かっている、は大きな誤解 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45899 @JBpressさんから

「反基地のオール沖縄」という虚構 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45919 @JBpressさんから


何にせよ、中国が尖閣諸島を軍事的圧力をもって、実効支配する可能性というのは
一つの可能性として、深刻に考える必要が有るように思われます。

それを元に考えると、軍事的圧力を跳ね返すための法体系や、実力行使の準備というのは
はたして「軍国化」なのか「戦争推進」なんでしょうか?

圧力をそのまま受けて、何もせずに座視するのは「平和主義」で「戦争反対」な
とっても良い事なのでしょうか?

かなり世の中が複雑化している中で
「銃を持ってりゃ軍国主義」みたいな、単純な論理にはイマイチ乗れない気がするんですよね。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/02/03(水) 16:59:01|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<<来た見た買った | ホーム | 労務管理なんて、、、ね。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gurutamin.blog58.fc2.com/tb.php/821-634f82f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)